トップイメージ

はんだ付け検定

はんだ付け検定がスタートしました。

続きを読む

はんだ付け検定とは?

はんだ付け検定事例先日「はんだ付け検定」を受検されて、
合格されました、滋賀中央信用金庫に
お勤めの吉田さん。
多彩な趣味をお持ちで、凝り性な方です。
「はんだ付け検定」を受けてみた感想や、
受験前にどのくらい勉強されたのかを
お聞きしました。

詳しくは 左の写真をクリックしてください!

検定の詳細は下のバナーをクリック

はんだ付け検定詳細

お客様の声

お客様の声 その1こんにちは。 幕張でお世話になりました、オオエです。
合格の通知をいただきました。
今回は、本物の野瀬さんにお会いできたのも感激でしたが、 自分のハンダつけを見てもらうことができ、これでいいのか? と、疑問・不安だったものが解決できたし、 またアドバイスもいただけて、参加して本当によかった!! と思っています。

お客様の声 その21/24に講習、1/25に検定を受けた株式会社○・○・○のアライです。
今回ははんだ付けを長くしているのに、初めて知る事が沢山あり 大変勉強になりました!
私1人でも丁寧な講習に感謝しています。 それに理事長の仕事についての歴史や考え方、工場を見学させてもらった事。
家の仕事ではんだ付けだけしかしていない私にとって大変勉強になりました。

お客様の声 その3昨日は大変お世話になりました。 学んだ内容から当社の改善点がたくさん見えてきました。 こんなに勉強になった研修は初めてです。 社内も見学させていただき、ありがとうございました。 はんだ付け素人の自分でも基板実装ができ、驚きました。 社内の人間を説得する良い材料になります。 学んだことを生かして、品質向上に努めていきたいと思います。 はんだ付けで困ったときには またご相談させていただくことがあるかと思います。 その際はどうぞよろしくお願いいたします。

お役立ち はんだ付け 最新情報

NPOはんだ付け協会が、役立つはんだ付け最新情報をお届けします。

最新情報
 技術の進歩は日進月歩。
 日々発信されている様々な情報や、はんだ付け協会発信の
 最新情報を、皆様にお届けいたします。
 
 要チェックです!       
   クリック

正しいはんだ付けの知識

はんだ付けってどんなもの?
はんだ付けは溶接や接着剤とは違います。
ここで誤解をされないように・・
はんだ付けの歴史
素朴な疑問。
よく尋ねられますが、その真相は?
ハンダゴテの選び方
ハンダゴテの役割とは?
100円ショップのハンダゴテから30万円の
ハンダゴテまで、その選び方は?
ハンダゴテの コテ先の選び方
ハンダゴテの性能を引き出すためにはコテ先選びがとても重要です。
その選び方とは?

はんだ付けの品質基準について

はんだ付けの良否を判定するのに何を基準に
すればよいでしょうか?
カラー写真とイラストを使ったはんだ付けの
品質基準書をタタキ台としてご用意しました。

  • アキシャル・ラジアル(リード部品)
  • 表面実装部品
  • コネクタ端子

会員専用ページでは、自由に加工が可能なエクセル形式でのダウンロードが可能です。
御社の会社名を入れてすぐに使用できます。
クリック


工程審査、工場監査が決まったら・・・

どんな点をチェックしているのでしょうか?
どんな準備が必要でしょうか?
はんだ付けの観点から見た、一般的な工程審査・工場監査の チェック項目を一覧表にしました。
各項目で、準備しておきたい文書や帳票については、 「サンプル帳票類」をご覧いただくことができます。
全部で32種類用意いたしました。
会員様は、「サンプル帳票類」を御社の実態に合わせて、 自由に加工してお使いいただけるよう、 エクセル、ワード形式でダウンロードすることが可能です。
クリック

イメージ&フォトギャラリー

探していても意外と見つからないのが、「はんだ付けの写真」です。
「はんだ付けの品質基準書」で使用した写真やイラストの原版が無料ダウンロードできます。
他にも、はんだ量を微妙に変えるなどした写真を多数用意してあります。

ギャラリー

  

はんだ付け協会の公式教材はこちら

☆DVDはんだ付け講座

   (観るだけではんだ付け出来る!)

☆書籍(目で見てわかる はんだ付けシリーズ)

☆実技練習用基板(部品セット)

  (観るだけではんだ付け出来る!)

☆はんだ付け「貼る教科書」良品見本、不良品見本 

☆eラーンニング(e-Soldering digital book)

    PCやスマートフォンでも観ることができます


ハンダ付け協会、各種メディア情報

NPOはんだ付け協会について、各種メディアで取り上げられた情報を掲載


 NPOはんだ付け協会も、認知度が徐々に広がり、
 新聞やテレビをはじめとする、マスコミ各社に
 取り上げて頂ける機会が増えて参りました。

 その一部を、こちらに掲載させていただきました。